愛知県一宮市の脇田歯科は、(PMTCなどの)予防歯科を基本に行う歯医者です。

虫歯治療

歯にやさしい虫歯治療

虫歯治療

歯の表面では、脱灰と再石灰化を繰り返しています。
脱灰でわずかに溶け、再石灰化でわずかに戻るといういったりきたりの繰り返しです。本来は、脱灰が進まないのが普通なんです。
この脱灰と再石灰化のバランスがくずれ、脱灰がすすんでしまった場合が、虫歯です。
初期の虫歯は、再石灰化を促進し、元に戻ることが可能ですので、うまくいけば、歯を「削らない」対処ができます。
もう少し進行した虫歯は削らざるをえませんが、中程度までの虫歯でしたら歯を「殺さない」対処が確実にできます。


初期の虫歯(再石灰化療法)

虫歯治療2

初期のう蝕(虫歯)は、再石灰化する(治る、進行が停止する)可能性がありますので、削らずに「再石灰化」を目指します。

脇田歯科では、歯にやさしい虫歯治療をめざしていますので、原則として「再石灰化」療法を優先し、象牙質う蝕に進行してしまった場合に、初めて削る治療を選択します。

ドックベストセメントを使用する方法が有力です。



小さい虫歯

予防歯科

穴があいてしまったら、再石灰化療法だけで長期間守っていくことは困難ですので、穴が小さいうちに最小限度だけ削って詰める治療をします。
もし、削る治療が必要でも、小さければ小さいほど、治療が簡単で、痛みも伴いにくいです。
歯を「殺さない」治療が確実にできます。
生きている歯と死んでいる歯では、雲泥の差がありますから、この段階の治療には大きな意味があります。

大きい虫歯

虫歯治療3

大きい虫歯、深い虫歯に対しては、細菌感染している歯質を全て削り取る「外科的」療法よりも細菌感染している歯質を無菌化する「内科的」療法を優先します。



神経まで進行した虫歯

虫歯治療4

神経まで感染し元に戻らない炎症をおこしたら神経を取ります。

神経がなくなるときには同時に血管もなくなりますので神経をとったあと
歯はもろくなっていきます。

  • 変色する
  • 虫歯が再発しやすい
  • 根の周囲が化膿することがある
  • 破折することがある

という4重苦を伴いますが、そういう問題が出るまでは、ほぼ普通に使えます。




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional